不動産会社は仲介業と管理業を兼ねた会社を選ぶ|不動産会社の選び方

家

不動産登記の流れ

スーツの男性

茅ヶ崎で建物や土地を購入した場合は、代金を支払った後に建物や土地の所有者が変わったということを明記しなければいけません。それが、不動産登記と呼ばれる手続きです。法律上は特別な資格なしに誰でもできることですが、専門的な知識が必要となるので自分で行うことは難しく、専門家に任せる場合が殆どです。不動産登記は、トラブルを避けるために必要な手続きです。茅ヶ崎にある建物や土地が誰のものになったのか明確にしておかなければ、後から第三者が所有者を名乗り出てくることもあるかもしれません。そうなった時に、不動産登記をしておけば無用なトラブルを避けることができます。
不動産登記では、建物の所在や屋号、種類、構造、面積、土地の所在や地積などが登記されます。不動産登記は誰でもできますが、住宅ローンを組む場合は自分では行えません。ローンを貸し出す銀行は、不動産の買い主に抵当権設定証書や金銭消費貸借契約証書を渡さなければなりません。ローンの支払いが終わらないうちにこのような書類を渡すことは、銀行側にとっては大きなリスクにしかなりません。住宅ローンを組む場合は、銀行側が専門家に不動産登記してもらうよう指定してくる場合が殆どですので、無理に自分で済ませようとはせずに、銀行側の指示に従いましょう。不動産登記の流れは、申請書を作成して必要書類を添付し、法務局に提出します。登記官が審査をして問題がなければ受理されますが、必要書類は不動産登記の種類によって違うので、事前に確認しておいて下さい。茅ヶ崎には不動産登記をしてくれる司法書士などの専門家がたくさんいるので、必要な時には茅ヶ崎の中から専門家を選んで頼りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加